修正:接続サブシステムの初期化に失敗しました– Cisco

Fix Failed Initialize Connection Subsystem Cisco


  • Cisco AnyConnectは、サポートされている任意のデバイスからリモートで企業リソースにアクセスできる、人気のあるビジネスVPNソリューションです。
  • ただし、特定の技術的な問題に直面する場合があります。接続サブシステムの初期化失敗エラーは、最も一般的な問題の1つです。
  • 私たちをチェックしてください Ciscoハブ シスコ関連のガイド、ニュース、および修正をさらに見つけるため。
  • 私たちをご覧ください VPNトラブルシューティングセクション より一般的なVPNの問題を修正する方法を学びます。
CISCO接続サブシステム初期化エラー

Cisco AnyConnect 単なる VPN 、従業員がいつでも、どこからでも、どのデバイスからでも作業できるようにするためです。



ただし、これはエラーがないことを意味するものではありません。実際、かなりの数の問題がありますが、ありがたいことに、解決策がないものはありません。



最も一般的な問題の1つは CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした エラー。

どうやら、それは主にWindowsユーザーに発生しますが、次のシナリオでも発生します。



  • Windows 8.1、RT 8.1、またはWindows Server 2012R2上のCiscoAnyConnectセキュアモビリティクライアントアプリとのVPN接続の確立
  • コンピューターにWindowsUpdate3023607をインストールした後

マイクロソフトは、 CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした エラーはMicrosoft製品に関連しています。

すなわち:

Windows Server 2012 R2 Datacenter、Standard、Essentials and Foundation、Windows 8.1 Enterprise and Pro、Windows 8.1、およびWindows RT8.1。



このエラーを回避し、コンピューターで修正するのに役立ついくつかの解決策を確認してください。

CiscoAnyConnectエラー修正で接続サブシステムの初期化に失敗しました

VPNの選択方法

私たちのチームはさまざまなVPNブランドをテストしており、次の方法でユーザーに推奨しています。

  1. サーバーパーク: 世界中の20000以上のサーバー、高速およびキーロケーション
  2. プライバシーケア: 多くのVPNは多くのユーザーログを保持しているため、保持していないものをスキャンします
  3. 適正価格: 手頃な価格の最高のオファーを選択し、定期的に変更します。

トップ推奨VPN


最高のバング


開示: WindowsReport.comはリーダーでサポートされています。
アフィリエイトの開示をお読みください。

MicrosoftUpdateに移動します

Internet Explorerの最新の累積的なセキュリティ更新プログラムは、Windowsの組み込みの更新ツールから直接インストールできます。

または、更新を手動でダウンロードして適用することもできます。

ただし、後者を選択する場合は、の影響を受けるソフトウェアの表を確認する必要があります。 Microsoftのセキュリティ情報MS15-018 ダウンロードリンク用。

これでうまくいかなかった場合は、次に提案する修正に進んでください。

CiscoAnyConnectで互換性トラブルシューティングを実行します

Cisco AnyConnectエラーで接続サブシステムの初期化に失敗したのは、通常、最近のWindowsUpdateに関係しています。


Cisco AnyConnectのインストール中に問題が発生しましたか?私たちのガイドをチェックして、それらを簡単にバイパスする方法を学びましょう。


ただし、CiscoAnyConnect独自のトラブルシューティングツールを使用して解決することもできます。

あなたがしなければならないのはこれらのステップに従うことです:

  1. CiscoAnyConnectを閉じます
  2. CiscoAnyConnectセキュアモビリティクライアントフォルダに移動します。
    • C: Program Files(x86) Cisco CiscoAnyConnectセキュアモビリティクライアント
  3. 右クリック vpnui.exe
  4. クリック 互換性トラブルシューティングを実行する
  5. 選択する 推奨設定をお試しください
  6. ウィザードの提案に従ってください(Windows 8との互換性)
  7. クリック テストプログラム プログラムを開くには
  8. 閉じる

注: vpnagent.exe –クライアントユーザーインターフェイスをサポートするローカルサービス–これらの手順を繰り返す必要がある場合があります。

インターネット接続の共有を無効にする

時々 CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした インターネット接続の共有(ICS)がで有効になっているため、エラーが発生する可能性があります LAN 。

これを解決する方法は次のとおりです。

  1. クリック 開始
  2. に移動 設定
    CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした
  3. クリック ネットワークとインターネット ボタン
  4. 検索ボックスに「 地元
    CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした
  5. 選択する ローカルサービスを表示
    CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした
  6. 右クリック インターネット接続の共有
    CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした
  7. 選択する プロパティ
    CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした
  8. に移動します 一般 タブ
    CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした
  9. に移動 スタートアップの種類
    CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした
  10. ドロップダウンメニューをクリックして、 無効
    CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした
  11. クリック OK

レジストリエディタを使用する

Cisco AnyConnectエラーで接続サブシステムの初期化に失敗した場合は、次の手順を使用してレジストリを少し編集することで修正できます。

  1. 右クリック 開始
  2. 選択する 実行
    CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした
  3. タイプ regedit
  4. 押す 入る
  5. に移動 HKEY_CURRENT_USER Software Microsoft Win
  6. と呼ばれる新しいキーを作成します GlobalOfflineUser
  7. それを与える 1 値として
  8. コンピュータを再起動し、VPNをロードします

接続できるか確認してください。

結論

あなたが遭遇した場合、考慮されるすべてのもの CiscoAnyConnectで接続サブシステムを初期化できませんでした エラー、それを修正する方法があります。

無線LAN接続制限ウィンドウ10

提案された方法を1つずつ試すことをお勧めします。最終的にはうまくいくものが見つかると確信しています。

提案された修正のどれがあなたに最適でしたか?以下のセクションにコメントをドロップしてお知らせください。

  • シスコ
  • VPNエラー