AbletonLiveのCPU使用率が高い[専門家による修正]

High Cpu Usage Ableton Live

高いCPU使用率 PCのさまざまな問題を修正するには、RestoroPC修復ツールをお勧めします。 このソフトウェアは、一般的なコンピューターエラーを修復し、ファイルの損失、マルウェア、ハードウェア障害からユーザーを保護し、最大のパフォーマンスを得るためにPCを最適化します。 3つの簡単なステップでPCの問題を修正し、ウイルスを今すぐ削除します。
  1. RestoroPC修復ツールをダウンロードする 特許技術が付属しています(特許が利用可能 ここに )。
  2. クリック スキャン開始 PCの問題を引き起こしている可能性のあるWindowsの問題を見つけるため。
  3. クリック 全て直す コンピュータのセキュリティとパフォーマンスに影響を与える問題を修正する
  • Restoroはによってダウンロードされました0今月の読者。

多くのユーザーがAbletonLiveの高いCPU使用率に問題を抱えています。この問題の原因はエラーではなく、Abletonがセッション中に処理する大量のデータです。



一部のPCはタスクを実行できず、使用可能な処理能力が必要以上に低くなっています。このような状況に陥ったとしても、絶望しないでください。 AbletonLiveのCPU要件を減らすための実証済みの方法がいくつかあります。

この記事では、AbletonLiveのバージョンに適用できる最適な設定と調整のいくつかについて説明します。これらの方法により、ソフトウェアの実行速度が向上し、システムをアップグレードしなくても、中断のないエクスペリエンスを実現できます。それを行う方法を見つけるために読んでください。




Ableton Live CPUの過負荷を修正するにはどうすればよいですか?

1.サンプルレート設定を下げます

AbletonLive-CPU使用率が高いAbleton

ディスクイメージファイルを修正する方法が破損しているWindows10
  1. 開いた Ableton ->選択 環境設定 -> オーディオ。
  2. 下のドロップダウンリストをクリックします サンプルレート ->の値を選択します 44100 Hz または 48000 Hz

注意: 古いプロジェクトで作業しているときではなく、新しいプロジェクトを開始する前にサンプルレート値を変更することをお勧めします。




2.バッファサイズの設定を増やします

Ableton Live2-CPU使用率が高いAbleton

  1. バッファサイズをに設定します 128、256、512、1024。
  2. この値が高いほど、オーディオの待ち時間が長くなることに注意してください。この設定を最初に選択した値に設定してから、レイテンシーに悩まされているかどうかを判断できます。

オーディオを録音するための信頼できるソフトウェアが必要ですか?これが私たちのトップピックです!


3.使用しないすべての入力と出力を無効にします

Ableton Live3-CPU使用率が高いAbleton

  1. クリック 環境設定 -> 設定 -> チャネル構成。
  2. 設定ウィンドウ内–開く 入力構成 そして 出力構成。
  3. オプションとモノラル入力ペアを無効にします。

4.マルチコア/マルチプロセッサのサポートを有効にします(Ableton Live 9にのみ適用されます)

AbletonWaves設定-CPU使用率が高いAbleton



  1. クリック 環境設定 ->選択 CPU。
  2. 横のボタンを切り替えます マルチコア/マルチプロセッサのサポート それをクリックして。

5.WindowsがUSBデバイスをオフにしないようにする

  1. 押す Win + X キーボードのキー->選択 デバイスマネージャ。
  2. を展開します ユニバーサルシリアルバスコントローラー ブランチ。
  3. をダブルクリックします USBルートハブデバイス を選択します パワー管理 タブ。
  4. オプションをオフにします 電力を節約するために、コンピューターがこのデバイスの電源をオフにすることを許可します チェックボックスをオフにします。
    コンピューターがこのデバイスの電源をオフにできるようにするCPU使用率が高い
  5. 押す OK 、およびすべてに対してこの方法を繰り返します USBルートハブ あなたのPC上で。

この記事では、AbletonLiveによるCPUパワーの高い使用率に対処するための最も実績のある方法のいくつかを検討しました。

このガイドが問題の解決に役立ち、Abletonを遅れることなく使用できることを願っています。

以下のコメントセクションを使用して、これを実行できたかどうかをお気軽にお知らせください。

また読む: