Outlookは接続暗号化タイプをサポートしていません[FIX]

Outlook Doesn T Support Connection Encryption Type

Outlookの修正は接続暗号化タイプをサポートしていません PCのさまざまな問題を修正するには、RestoroPC修復ツールをお勧めします。 このソフトウェアは、一般的なコンピューターエラーを修復し、ファイルの損失、マルウェア、ハードウェア障害からユーザーを保護し、最大のパフォーマンスを得るためにPCを最適化します。 3つの簡単なステップでPCの問題を修正し、ウイルスを今すぐ削除します。
  1. RestoroPC修復ツールをダウンロードする 特許技術が付属しています(特許が利用可能 ここに )。
  2. クリック スキャン開始 PCの問題を引き起こしている可能性のあるWindowsの問題を見つけるため。
  3. クリック 全て直す コンピュータのセキュリティとパフォーマンスに影響を与える問題を修正する
  • Restoroはによってダウンロードされました0今月の読者。

Outlookユーザーが報告しているOutlookは接続暗号化タイプをサポートしていませんWindowsOSおよびMicrosoftOffice2010以降の新しい更新プログラムをインストールした後のエラー。このエラーにより、ユーザーはOutlookクライアントで電子メールを送受信できなくなります。



画面がピクセル化されているのはなぜですか

このエラーは非常に問題があるため、本日は修正方法を説明します。


Outlookが接続暗号化タイプをサポートしていない場合はどうすればよいですか?

1.接続を確認します

ネットワーク接続の見通しは、接続暗号化タイプをサポートしていません



minecraftjavaプラットフォームseバイナリが動作を停止しました
  1. このエラーは通常、ユーザーのコンピューターが安定したインターネット接続を持っていない場合に発生します。ここで最初にすべきことは、インターネット接続が機能しているかどうかを確認することです。
  2. Webページを開いて、インターネット接続がOutlookクライアントで動作するのに十分な速度であるかどうかを確認してください。

2.Outlookの電子メールクライアントのSSL設定を確認します

  1. Outlookを起動し、[ファイル]をクリックします。
  2. 右ペインからをクリックします アカウント設定 選択します アカウント設定 ドロップダウンメニューから。 アカウント設定の変更-暗号化の見通しを無効にするは、接続暗号化タイプをサポートしていません
  3. 次にクリックします アカウント設定を変更します。
    その他の設定OutlookOutlookは接続暗号化タイプをサポートしていません
  4. クリック その他の設定。
    アンインストール機能の更新Outlookは接続暗号化タイプをサポートしていません
  5. を開きます 高度な タブ。
  6. ここで「 このサーバーには暗号化された接続(SSL)が必要でした 」オプション。
  7. 新しいバージョンのOutlookで、[ セキュリティ クリック後のタブ その他の設定
  8. 「」のチェックを外します MicrosoftOutlookとMicrosoftExchangeの間でデータを暗号化する」。
  9. クリック 適用する そして OK 保存するには 変更
  10. クリック プロファイル設定を変更します。
  11. 閉じます アカウント設定 ウィンドウを開き、エラーを解決できるかどうかを確認します。

新しい電子メールクライアントが必要ですか?これらの素晴らしいアプリケーションの1つを試してください!



3.機能の更新をアンインストールします

  1. クリック 開始 選択します 設定。
  2. クリック 更新とセキュリティ。
  3. クリック WindowsUpdate。
  4. クリック 更新履歴を表示します。
  5. 更新履歴の表示 、 クリック アップデートをアンインストールします。
    アンインストール機能UpdateOutlookは、接続暗号化タイプをサポートしていません
  6. 次に、インストールされている更新プログラムを確認し、最後にインストールされたKB更新プログラムを選択します。更新を選択してクリック アンインストール。
    Windowsファイアウォールを無効にするOutlookは接続暗号化タイプをサポートしていません
  7. アップデートがアンインストールされたら、システムを再起動して、改善がないか確認します。

4.ファイアウォールをオフにします

  1. クリック 開始 選択します 設定。
  2. に移動 更新とセキュリティ。
  3. クリック Windowsセキュリティ。
  4. クリック ファイアウォールとネットワーク保護。
  5. 現在アクティブなネットワークをクリックしてオフにします WindowsDefenderファイアウォール。
    クイックおよびオンライン修復のOutlookOutlookは、接続暗号化タイプをサポートしていません
  6. ウイルス対策ソフトウェアを実行している場合は、ウイルス対策プログラムに独自のファイアウォールがあるかどうかを確認してください。
  7. また、ウイルス対策ソフトウェアを1時間無効にして、それが役立つかどうかを確認します。

5.Outlookを修復します

  1. 押す Windowsキー+ R 実行を開きます。
  2. タイプ コントロール を押して OK。
  3. 今すぐに行きます プログラム>プログラムと機能。
  4. 選択する マイクロソフトオフィス をクリックします 変化する ボタン。
  5. 修復ウィンドウでは、2つのオプションがあります。 クイック修理 そして オンライン修理。
  6. まず、 クイックリペア インターネット接続を必要とせず、修復プロセスは迅速です。その後、Outlookクライアントが正常に動作しているかどうかを確認します。
  7. それが機能しない場合は、をクリックしてください オンライン修理 をクリックします 修復 ボタン。修復プロセスが完了するのを待ちます。

さあ、修正に役立つかもしれないいくつかの簡単な解決策Outlookは接続暗号化タイプをサポートしていません。ぜひすべてお試しください。

あなたが好きかもしれない関連記事: