サーバーに自動的にステップインできない:ここで最良の修正を入手してください

Unable Automatically Step Into Server

Visual Studio 2019 PCのさまざまな問題を修正するには、RestoroPC修復ツールをお勧めします。 このソフトウェアは、一般的なコンピューターエラーを修復し、ファイルの損失、マルウェア、ハードウェア障害からユーザーを保護し、最大のパフォーマンスを得るためにPCを最適化します。 3つの簡単なステップでPCの問題を修正し、ウイルスを今すぐ削除します。
  1. RestoroPC修復ツールをダウンロードする 特許技術が付属しています(特許が利用可能 ここに )。
  2. クリック スキャン開始 PCの問題を引き起こしている可能性のあるWindowsの問題を見つけるため。
  3. クリック 全て直す コンピュータのセキュリティとパフォーマンスに影響を与える問題を修正する
  • Restoroはによってダウンロードされました0今月の読者。

しようとすると デバッグ WCF(Windows Communication Foundation)サービスでは、さまざまな種類のエラーが発生する可能性があります。そのようなエラーの1つは サーバーに自動的にステップインできません



完全なエラーは サーバーに自動的にステップインできません。リモートプロシージャをデバッグできませんでした。 これは通常、サーバーでデバッグが有効になっていないことを示します。

あなたがしようとしている場合 トラブルシューティング サーバーでのこのエラー。ここにいくつかの貴重な提案があります。



「サーバーに自動的にステップインできない」エラーを修正するにはどうすればよいですか?

  1. Web.ConfigファイルをWebサービスに追加します
  2. .NETFrameworkの互換性を確認する
  3. VisualStudioのインストールを修復する
  4. 管理者権限でVisualStudioを実行する
  5. Devenv.exeの互換性のトラブルシューティング

1.Web.ConfigファイルをWebサービスに追加します

使用中 Microsoft Visual Studio 、この問題は、Web.Configファイルが見つからないために発生する可能性があります。 Visual Studioは、WebアプリケーションまたはWebサービスの作成中にWeb.Configファイルを自動的に作成しません。また、Webサービスをデバッグしようとすると、このエラーが発生する可能性があります。

Web構成ファイルはVisualStudioを追加します



nba2k17保存ファイルが破損しています

この問題を修正するには、Web.ConfigファイルをWebサービスに追加する必要があります。これがその方法です。

Web.Configファイルを作成して追加する必要があります 間の線 セクション。

すでにWeb.Configファイルがある場合は、 行してファイルを保存します。



VPNタップデバイスがダウンしています

2. .NETFrameworkの互換性を確認します

マイクロソフトドットネットフレームワーク

クライアントとは異なるバージョンの.NETFrameworkを使用してサービスプロジェクトをビルドした場合、互換性の問題が発生し、サーバーエラーが発生します。

これを修正するには、ユーザーとクライアントプロジェクトが同じ.NETFramework上にあることを確認してください。つまり、Framework 4.5を使用してプロジェクトをビルドし、クライアントのプロジェクトが.NET Framework 4.0上にあった場合、サービスプロジェクトのプロジェクトプロパティを.NET Framework4.0に変更する必要がある場合があります。

  • また読む: 2019年に使用するトップ7のロイヤルティプログラムソフトウェア

3. VisualStudioのインストールを修復します

デバッグを有効にするには、システムにVisual Studioをインストールする前に、ASP.NETFrameworkのバージョンをインストールすることが重要です。最初にVisualStudioをインストールしてから、ASP.NETをインストールすることにした場合は、「サーバーに自動的にステップインできません」というエラーが表示される場合があります。

この問題は、コントロールパネルからVisualStudioのインストールを修復することで修正できます。これがその方法です。

Visual Studio2010以前の手順

  1. 押す Windowsキー+ R 開くには 実行 ダイアログボックス。
  2. 「」と入力します コントロール' Enterキーを押します。
  3. コントロールパネルで、をクリックします プログラム>プログラムと機能。
  4. を見つけて選択します VisualStudioプログラム。
  5. 上部にあるをクリックします 修理/変更 オプションを選択し、画面の指示に従います。
  6. 修復が完了したら、システムを再起動して、改善がないか確認します。

Visual Studio 2019

Visual Studioの最新バージョンがインストールされている場合は、代わりに次の手順に従ってください。

順不同のメッセージを表示するSkype
  1. クリックしてVisualStudioインストーラーを検索します スタート> VisualStudioインストーラー (文字Vで検索)。
    Visual-Studio-インストーラー
  2. または、次のパスにアクセスしてインストーラーを見つけることもできます。
  3. C:プログラムファイル(x86)Microsoft Visual StudioInstallervs_installer.exe
  4. Visual Studioインストーラーを実行すると、ランチャーが開きます。
  5. [インストール済み]タブで、 もっと ボタンをクリックして選択します 修復 オプション。
    VisualStudioインストーラー2019-修復
  6. 画面の指示(ある場合)に従い、インストーラーがVisualStudioフレームワークを修復するのを待ちます。

または、Visual Studioクライアントの修復が機能しない場合は、VisualStudioアプリケーションを再インストールすることもできます。

  • また読む: Windows10に.NetFrameworkをインストールする方法

4.管理者権限でVisualStudioを実行します

ビジュアルスタジオ

問題が解決しない場合は、管理者権限でVisualStudioランチャーを実行してみてください。管理アクセスを使用してVisualStudioを実行すると、不適切なアクセス許可が原因で発生する問題が修正されます。

  1. [スタート]をクリックして、次のように入力します VisualStudio。
  2. Visual Studioのバージョンを右クリックして、 管理者として実行。

5.Devenv.exeの互換性のトラブルシューティング

VisualStudioアイコン

互換性の問題については前に説明しましたが、Windowsに組み込まれている互換性のトラブルシューティングツールを使用して、互換性の問題を修正することができます。 Devenv.exeは、Microsoft VisualStudioのソフトウェアコンポーネントです。互換性のトラブルシューティングを実行して、エラーが解決するかどうかを確認してください。

  1. 開いた ' ファイルエクスプローラー' 次の場所に移動します。
  2. C:Program Files Microsoft VisualStudioバージョンCommonID​​E
  3. 右クリック devenv.exe 選択します 「互換性のトラブルシューティング」

あなたが好きかもしれない関連記事: